【アップデート予定】クライアントソフトの復元画面が変更されます(12月8日実施)

フォローする

2018年12月8日(土曜日)に実施されるアップデートにて、下記の通り inSync の復元画面及び操作方法が変更されます。

※ 画像は開発中のものになります。
一部変更が生じる可能性がございますので、ご了承ください。

 

対象

inSync のクライアントソフト ver.6.0.1 以上をお使いのお客様に適応されます。

 

変更詳細

・スナップショット

① 復元したいスナップショットの選択画面が変更されます。日付ごとに時間がグルーピングされているため、選択がよりしやすくなります。

New_UI_Snapshot_Listing.png

 

・フォルダ一覧画面

① フォルダ一覧画面にカラムが追加され、「オリジナルロケーション」が表示されるようになります。

② フォルダ名の下に、最後に変更された日付が表示されるようになります。

New_UI_Folder_Details.png

 

・ファイルとフォルダ一覧

① ツリー表示が改善され、フォルダ内のファイルやサブフォルダを見やすくなります。
② 上部の日付をクリックすることで、フォルダ一覧に戻れるようになります。
New_UI_Folder_Listing-1.png

 

・検索結果の表示

① 検索結果の表示に「オリジナルロケーション」列が追加されます。
② 複数ファイル・フォルダを選択し復元できるようになります。
③ 保存されている世代数が表示されます。
④ 上記の世代数をクリックし、特定の世代を復元できるようになります。
New_UI_Search_Results.png

 

・カスタムロケーション
① 復元先にカスタムロケーションを指定する際、復元先をブラウズし、指定できるようになります。
New_UI_Custom_Location.png

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント