DLP 画面について

フォローする

DLP が有効となっているデバイス数やステータス、また全体の統計を確認することができます。自動削除機能の停止や保留、リモートワイプ(Decommission)の中止もここから行うことが可能です。

DLP の詳細はこちらをご参照ください。

<画面説明>

  1. 管理コンソールの上部メニュー「Governance」より「Data Loss Prevention」を開きます。
    __________2018-05-09_19.13.14.png
  2. 各タブの詳細は下記となります。
    All Devices : DLP が有効になっているデバイスです。
    Traced : 位置情報追跡機能が有効になっているデバイスです。
    Normal :自動削除機能及びリモートワイプが無効か保留中ではないデバイスです。
    On Hold :自動削除機能またはリモートワイプが保留されているデバイスです。
    On Alert :設定した日数の間オフラインが続き、バックアップ対象のデータが削除されようとしているデバイスです。デバイスをアラート状態に指定する日数及びデータを削除する日数は、プロファイルより設定が可能です。設定方法につきましては、下記ページ内の<設定方法>をご参照ください。
    情報漏えい防止機能(DLP)について
    Decommissioned :リモートワイプにより、バックアップ対象のデータ削除が完了したデバイスです。
    Decommissioned in Progress :リモートワイプが進行中のデバイスです。
  3. 上記タブ内にてチェックを入れたデバイスに対し、以下の操作を行えます。
    __________2018-05-09_19.21.52.png
    Decommission Device :リモートワイプを行います。
    Mark On Hold :ステータスを On Hold に指定します。自動削除機能及びリモートワイプを「保留」にし、データがデバイスから削除されるのを防止します。
    Mark Normal : ステータスを Normal に指定します。Normal 状態になったデバイスは、自動削除機能の対象外となります。また、リモートワイプも中止されます。
    *リモートワイプの停止は、デバイスがオフライン中に行う必要があります。一度デバイスがオンラインになり、リモートワイプの動作が開始された場合、途中で停止することはできません。

    リモートワイプ動作の詳細はこちらをご参照ください。

 

 

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント