ジオフェンシングを有効にする【管理者】

フォローする

ジオフェンシングとは

この設定を行うことで、指定したネットワーク外での復元や管理コンソールへのアクセスを制限することができます。

※ バックアップ動作は影響を受けません
※ ジオフェンシングを有効にした状態でクライアントソフトから復元を試みると、ブラウザが開きます



1. パブリックゲートウェイ IP を設定する

 <手順>

  1. 管理コンソールに「クラウド管理者(Cloud admin)」でログインします。

  2. 管理コンソール上部のバー右上のネジマークより、「Settings」を選択します。
    「Network」タブ >「Geofencing」枠内右下の 「Edit」をクリックします。

  3. ジオフェンシングの設定ダイアログボックスがページに表示されます。

  4. 「Public Gateway IPs」に、アクセスを許可したい IP アドレスを入力します。
    IPアドレスは次の形式で指定できます。

    IP アドレス

    単一の IP アドレス

     192.0.2.0
    ハイフン(-)で区切られた IP アドレスの範囲 192.0.2.0 - 192.0.3.255
     カンマ(,)で区切られた複数の IP アドレスの範囲  192.0.2.0 - 192.0.3.255, 192.0.7.0, 192.100.0.0 - 192.100.0.255

    ※ IPv4アドレスのみが対象となります。
    ※ すべての inSync 管理者に対してジオフェンシングポリシーを有効にする場合は、
     「Allow admin access to inSync through Public Gateway IPs only」にチェックを入れてください。設定された IP アドレス以外からの管理コンソールへのアクセスができなくなります。


  5. 「OK」をクリックして完了です。

 

2. ユーザにジオフェンシング設定を適応する

<手順>

  1. 管理コンソールに「クラウド管理者(Cloud admin)」または「プロファイル管理者(Profile admin)」でログインします。

  2. 管理コンソール上部のバーより「Profiles」をクリックします。

  3. ジオフェンシングポリシーを有効にしたい Profile をクリックし、
    Profile の詳細ページに移動します。

  4. 「Devices」タブ > 「Data Loss Prevention」を選択し、 「Edit」をクリックします。

  5. デバイスバックアップ設定ウィンドウが表示されます。

  6. 「DLP for Laptops & Desktops」>「Geofencing」>「Allow access to inSync Web only through public gateway IPs」にチェックを入れます。
    ※ 上記の「パブリックゲートウェイ IP を設定する」を行わないと、この項目にチェックを入れることができません。

  7. 「Save」をクリックして完了です。
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント