退職者ユーザについて(Preserved user)

フォローする

inSync では、特定のユーザを保持(Preserve)することができます。
この場合、バックアップは行われませんが、バックアップしたデータなどは保持することが可能です。

退職者が出た場合などに活用することができます。

※ バックアップしたデータは、Retention Policy に従って整理されていきます

<ライセンスについて>

保持ユーザ(Preserved User)は、通常のバックアップ可能なライセンス(Active User License)を消費することはありません。

通常のライセンス(Active User License)とは別の保持ユーザライセンス(Preserved User License)が消費されます。

こちらの保持ユーザライセンスは、ご購入いただいた通常ライセンス数の 10% がデフォルトで付与されています。

例)100ライセンス購入した場合、保持ユーザライセンスは10。
即ち inSync に登録できるユーザ数は110、そのうちバックアップ可能なユーザが100、保持ユーザが10。

<方法>

  1. inSync 管理コンソールにログインし、上部メニューから「Users」を選択します
  2. 保持ユーザに指定したいユーザにチェックを入れます
  3. 下部の「Preserve」を選択します
    ※ ユーザ詳細画面からも、保持ユーザの指定は可能です
    ※ 保持ユーザ数が上限に達している場合、「Preserve」ボタンはクリックできなくなります
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント