Office 365 のバックアップを有効にする【管理者】

フォローする

inSync から Office 365 へのアクセスを有効化する事で、 Office 365 データのバックアップが可能になります。一度設定すると、OneDriveデータ、メールボックス、連絡先、予定表、SharePoint Online サイトコレクションデータなどの Exchange Online データを収集できます。

※ ご契約のプランによってバックアップできるクラウドアプリケーションが異なります。

< Office 365 を 有効化する方法 >

  1. inSync 管理コンソールのメニューバーで、Data Sources > Cloud App の順にクリックすると、Manage Cloud App ページが表示されます。
  2. Office 365 クラウドアプリケーションを選択し、Configure をクリックします。
  3. 表示されるログオンページで、Office 365 のテナント管理者のユーザー名とパスワードを入力し、Sign in をクリックします。
  4. 次のページが表示されたら、Accept をクリックして、inSync から Office 365 へアクセスするために必要な権限を与えます。 inSyncは、組織内のすべてのユーザーの Office 365 データに接続します。
  5. (オプション設定)設定が完了すると、inSyncにリダイレクトされ、Verify Configuration ダイアログが表示されます。このダイアログでは、組織からのユーザーを選択して、Office 365との inSync の統合を確認できます。

Select a user フィールドに電子メールアドレスを入力します。ユーザープリンシパル名(UPN)は現時点ではサポートされていません。

クラウドアプリケーションを有効化すると、Manage Cloud App Accounts ページでクラウドアプリケーションの設定の詳細を表示できます。

※ OneDrive および Exchange Online デバイスのスナップショットは、inSync 管理者のUTC タイムゾーンで表示されます。ただし、inSync ユーザーは、設定した時間帯にあるOneDrive デバイスのスナップショットを見ることができます。

※ Exchange Online デバイスは、inSyncユーザーには表示されません。

<Office 365を再構成する>

Office 365 を再構成すると、Microsoft Azure の inSync アプリケーションに必要な権限が更新されます。 inSyncに追加された新しいクラウドアプリケーションを検出するには、通常、Office 365 の再構成が必要です。

※ Office 365 を再構成すると、inSync は進行中のクラウドアプリのバックアップをすべて停止します。

[ 手順 ]

  1. inSync管理コンソールのメニューバーで、Data Sources > Cloud Apps の順にクリックします。Manage Cloud Apps ページが表示されます。
  2. Cloud App List から、再構成するクラウドアプリケーションを選択します。
  3. Configure をクリックします。
  4. 表示される確認メッセージで、Yes をクリックして設定を続行します。
  5. 表示されるログオンページで、Office 365のテナント管理者のユーザー名とパスワードを入力し、Sign in をクリックします。
  6. 次のページが表示されたら、Accept をクリックして、inSyncアプリにOffice 365データにアクセスするために必要な権限を付与します。
  7. 上記が完了すると、inSyncは、組織内すべてのユーザーの Office 365 データに接続します。


クラウドアプリケーションを有効化すると、
Manage Cloud App Accounts ページでクラウドアプリケーションの設定の詳細を表示できます。

※ OneDrive デバイスのスナップショットは、管理者の UTC タイムゾーンで表示されます。ただし、エンドユーザーは OneDrive デバイスのスナップショットを構成した タイムゾーンで表示できます。

他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください

コメント